アムカ(アームカット)跡を消す方法と隠し方

[最終更新日]2016/09/28

アムカ 跡 消す

リスカ(リストカット)と同じようにアムカ(アームカット)ももちろん傷を作る行為ですので、場合によっては跡が残ってしまいます。

若い時にストレスでアムカをして、大人になってからその跡が目立って気になる方も多いと思いますので、今回はそんな人たちのためにアムカ跡の消す方法と隠し方をご説明します。

アムカのどんな状態の傷が将来まで残る傷なの?

リスカと言われるとリストカットとすぐに分かる方も多いと思いますが、それとは別にアムカというのが存在します。

こちらはアームカットの略で、意味としてはリスカと同じように腕を自分で切る行為の事を指します。

傷ができればもちろん体はそれを治そうとしますが、傷の度合いによっては跡が残ってしまいます。これは回数を増やせば増やすほどに跡に残りやすく、また目立ちやすくなります

ではアムカのどんな状態の傷が将来、大人になってからもずっと残ってしまうのかというと、傷跡が白い物が残りやすいです。
まず皮膚というのは表皮、真皮、皮膚組織の3つの層から成り立っています。表皮の傷の場合は表皮のターンオーバー(生え変わり)が4週間周期ということもあって傷跡はほとんど残らないのですが、真皮の深いところまで傷ができた場合は別です。

真皮はターンオーバーが2年以上かかるため、ここに傷ができてしまうとすぐに治せません。そのため肉芽組織という物が生成されてそれで傷口を塞ごうとするのです。この肉芽組織というのはメラニン色素が無いため白いです。これこそがアムカの跡にできる白い部分の正体です。

これは皮膚組織とは別なのでターンオーバーで生え変わることもないため、いつまでも傷跡として残り続ける事になるのです。つまりアムカで深い傷を作ってしまった場合は跡が将来まで残る事になるというわけです。

自分でアムカ跡を消す

それではここからは具体的にアムカ跡を消す方法をご紹介します。ここでは自分で隠す方法を取り上げていきます。

おそらくアムカ跡は人に見られるのに抵抗がある人も多いでしょうから、やはりできれば自分で跡を消したいですよね。

アムカ 跡 消す

アムカ跡に限らず、傷跡などを消す時によく用いられるのがアットノンという塗り薬です。これには保湿効果、並びに血行促進効果があるため皮膚に怪我を負った時、そして傷跡が残った時に非常に役立ちます。特に赤みがあって盛り上がっている傷跡(ケロイドと呼ばれる傷跡)の時には効果があるのでお勧めです。

アムカ 跡 消す

2つ目はスカージェルです。こちらはスキンジェルで玉ねぎにも含まれているアラントインという成分を主とした植物エキスが、皮膚を柔らかくして傷跡を目立たなくなるようにしてくれるのです。こちらはケロイドにはあまり効果が出ない事がありますが、その分古い傷跡などに効果を発揮しますので、アムカをしてから数年経っている場合にはアットノンよりもこちらの方が効果がでやすいです。

この様に傷跡の状態や傷跡ができてからの期間によって効果的な薬やジェルに違いがありますので、まずは自分のアムカ跡がどんな状態か、そして最後にその傷を作ったのはいつかを思い出しながら治療を進めましょう。

傷を作ってから日が浅ければ浅いほど傷跡を残さないようにすることができるので、アムカ跡が気になったらなるべく早めに対処しましょう。傷跡が消えるまでに時間はかかりますが、絶対に消せないということはないので頑張りましょう。

病院でアムカ跡を消す

自分でアムカ跡を消すことは絶対に不可能とまでは言いません。しかしながらやはり傷跡ができてから5年以上経っていたり、また先ほど説明したように肉芽組織で傷跡を塞いでいる場合は、どうしても塗り薬などでは消せないことがあります。そういった時にどこでアムカ跡を消すことができるかというと病院クリニックです。

美容皮膚科形成外科などではレーザー治療による傷跡の除去治療を行っています。手術でできた縫合跡や過去の事故の古傷の跡などを除去していますので、もちろんアムカ跡を消すことだって可能です。

ただアムカ跡はそれらの事故で起きた怪我と違って、自発的に傷を作っている事が多く、その事を人に打ち明けるというのが中々難しいという人も多いでしょう。しかしアムカ跡に限らずリスカ跡でも悩んでいる方は多く、こういった自傷による傷跡の除去というのは最近ではあまり珍しくなくなってきています。

傷跡の除去を専門としているクリニックならその相談件数もより増えるため、患者さんのそういった精神的な緊張も和らげてくれますので、まずは1度カウンセリングを受けに行きましょう。

それから病院やクリニックならレーザー治療が多いと説明しましたが、もちろん傷跡の状態によってはそれ以外の治療法も提案してくれますので、自分の傷跡が自分で判断しづらい時にもカウンセリングで相談しておくとより安心して治療できると思います。自分で治そうと考えている人でもカウンセリングだけは受けに行ってみてください

アムカ跡を隠す

これまでは傷跡を消す方法をご紹介しましたが、最後は隠す方法です。傷跡は消すと半年や1年など結構な期間がかかることもあるので、今すぐ目立たないようにしたいという場合は隠すのが手っ取り早いです。

1番簡単なのは服やアクセサリーで隠す方法ですが、それでも隠しきれないほどに大きかったり、夏に長袖を着るというのも難しいですよね。

周りに変な目で見られず、かつ簡単な方法としてはファンデーションテープを張ることです。極薄のテープを肌に貼りつけるだけで傷跡を隠せますし、最近のは耐水性や吸着力に優れていてプールに入っても大丈夫な物もあります。しかしこれは自分の肌の色と一致する色がないと貼っても不自然になってしまいます。

手間がかかっても良いという方にはメイクで隠す方法を勧めます。ファンデーションテープなどで傷跡を全体的に隠してから、さらにファンデーションで周りの色と合わせる方法です。少しだけ手間はかかりますが、1番自然な仕上がりになりやすいのでお勧めです。

腕の傷は夏などの薄着で生活する時期ではどうしても目立ってしまいますので、やはりこういったテープやファンデなどの方法で隠すのが1番です。自分は気にしてないと言う人でも、そういった傷跡が見えるというのは周りの人にもいらぬ心配をかける事にもなりますので、ぜひ1度これらの方法で傷跡を隠してみてください。

まとめ

  • 特にケロイド状態の傷に効果を発揮するのがアットノン、傷をつくって時間が経った場合でも効果がでやすいのがスカージェル。
  • 本気で傷跡を消したいと考えているなら、病院でカウンセリングを受けたほうが良い。
  • 傷跡を隠すならファンデーションテープがおすすめ。

SNSでもご購読できます。

新宿のタトゥー除去
おすすめランキングはこちら