費用で選ぶとキケン!タトゥー(刺青・入れ墨)除去治療の実態

[最終更新日]2016/12/15

タトゥー除去 費用

レーザーといえば医療脱毛でよく知られていますが、近年では、ホクロ除去やタトゥー除去の手段として、レーザー治療を選択する方が増えているようです。

ところが、そのようなレーザー治療の需要が増えるにつれ、水面下では医師免許を持たない人物によるレーザー治療が横行し、数多くの被害者を出しています。

では、なぜこのような違法行為を行う業者やクリニックが存在しているのでしょうか?

なぜ違法な治療を行うクリニックが存在するの?

その理由には、レーザー治療の治療費用が全般的に高額な設定となっていることが挙げられます。

また、レーザー治療は医療行為であるため、医師免許を所得している有資格者が施術を行わなければならないということが、法律によって定められています。

そして、医師によるレーザー治療が行われるクリニックでは、医師が適切であると判断した種類のレーザー器具で治療を行うため、治療時や治療後のトラブルが比較的少ないと考えられています。

では、違法業者や違法クリニックではどうなのでしょうか?

このような業者やクリニックでは、診察をほとんど行うことなく、無資格者がいきなりレーザーを照射することが多く、それが患者にとって不適切な種類のレーザーであった場合では、皮膚の炎症が起こったり、ケロイドとして跡が残ってしまうことがあります。

また、このような業者やクリニックの特徴は、信頼できるクリニックよりも治療費の価格設定が安価となっている点にあります。

一刻も早くタトゥーを消したいと願っている方であっても、レーザー治療の費用を提示されてしまうと思いのほか高額で二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。ですが、ここで、格段に治療費が安価な業者やクリニックを見つけたらどうでしょうか?

藁をもすがる思いの方は、深く考えずに、義違法業者や違法クリニックで治療を受けてしまうことでしょう。

このように、他人の足元を見て、不適切な治療でも平気で行っているのが、違法業者や違法クリニックの実態です。

レーザー治療でも気軽に受けるのは危険

レーザー治療でのタトゥー除去を希望する方の中には、「レーザー治療なんてどこも同じ」と、軽く考えている方が存在しています。ですが、その考えは間違っています。

というのは、レーザー治療は医療行為であり、医師または医師の監督下にある看護師以外の無資格者は、施術を行うことができず、無資格者がレーザー治療を行った場合では、いかなる場合であっても違法行為となるからです。

また、レーザーは火傷を負う危険性を秘めている治療法であるため、有資格者の正しい判断によって行われる必要があります。以上のことから、「レーザー治療はどこも同じ」という考え方が間違っているということがわかりますね。

「レーザー治療はどこも同じ」という考え方は、「医療機関とサロンは同じ」と言っているようなものです。ですが、そこには医師免許の有無という決定的な違いが存在しており、両者の立ち位置は全く別であると考えておかなくてはなりません。

悪質な業者やクリニックに引っかからないためにも、レーザー治療でのタトゥー除去をお考えなのであれば、レーザー治療を軽く考えてはいけません。

また、タトゥーの除去にはレーザー治療のほかに、切除手術植皮手術削皮手術などがあり、これらはレーザー治療よりも難易度が高く、そのため失敗例も多い治療法です。

レーザー治療ももちろんですが、いずれの方法であっても、タトゥー除去の治療はどれも簡単なものではありませんので、決して軽く考えるのではなく、慎重に検討する必要があります。

医師であれば安心というわけではない!

タトゥー除去にはさまざまな種類があり、医師免許を所得している人物であれば、誰でも行うことができます。ですが、ここでひとつ注意して頂きたい点があります。

それは、医師であっても、経験が浅く、熟練度の低い医師が担当した場合では、失敗もあり得ると考えることができるからです。

たとえば、タトゥー除去のひとつの方法として切除手術があり、これは小さなワンポイントのタトゥー、あるいは幅の狭いタトゥーの除去に適していると考えられています。

ですが、熟練度の低い医師が幅の広いタトゥーに対してこの治療をしてしまったらどうでしょうか?

のちのちのトラブルにつながることは目に見えていますよね?

そして、これはレーザー治療にも当てはまります。レーザーにはさまざまな種類があり、タトゥーの状況によってこれらのレーザーを使い分ける必要がありますが熟練度の低い医師が担当した場合では、患者にとって不適切なレーザーを選んで治療を行ってしまうことも考えられます。

つまり、レーザーだからと甘く考えて医師を選ばずに治療を受けてしまうと、のちのち後悔することにもなりかねないということです。

では、熟練度の高い医師はどのようにして見つけ出せばよいのでしょうか?

まず、1件のクリニックの医師の言葉だけを鵜呑みにしてしまわないことです。口コミなどで評判の高いクリニックの医師であったとしても、それがあなたにとっての名医であるとは限りません。

医師にはそれぞれの考え方があり、治療方法の方針が異なることが多いものです。このため、Aというクリニックの名医にレーザー治療だと言われても、Bというクリニックの名医には切除治療と言われる可能性もあるということです。

このように、医師によって考え方はさまざまですので、まずは数件のクリニックでカウンセリングを受けてみて、あなたのタトゥーの状態を詳しく調べてくれて、なおかつ適切な治療法を提案してくれる医師を選ぶことを心がけましょう。

適切な治療を受けるためには?

違法な業者やサロンなどは除外視するとして、「他のクリニックよりも低価格」、「安価でタトゥーを綺麗に除去できる」、「タトゥーを完全に消せる」という謳い文句を前面に掲げているクリニックには注意しましょう。

また、さまざまなクリニックでカウンセリングを受けているうちに、それぞれ別の医師の見解を聞かされて混乱してしまうこともあるでしょう。

そのようなときにはまず、以下の点に注意を払ってみましょう。

  • あなたのタトゥーの大きさや入っている色などを丁寧に調べたかどうか?
  • さまざまなタトゥー除去の治療法があるということを説明した上で、あなたのタトゥーに適した除去方法を提案してくれたかどうか
  • ひとつの治療法に固執して、別の治療方法の説明がなかった
  • カウンセリング後、いきなり治療を行おうとしなかったかどうか
  • 傷跡が残るリスクについての説明があったかどうか
  • タトゥーの状態をよく確認せずに、「うちのやり方は○〇」というように、治療法を押し付けられなかったかどうか

上記の点に注意して、今一度、あなたが受けてきたカウンセリングの内容を思い返してみて下さい。

特に、タトゥー除去にはさまざまな治療法があるということを説明せず、ひとつの治療法に固執している医師は危険です。というのは、この場合では医師の経験そのものが少なく、さまざまな方法に対応する技術力が不足していることも考えられるからです。

また、カウンセリング後にいきなり治療を行おうとする医師も危険。この場合では、収益を上げることが先行し、丁寧な治療を行う意思がないと見て取ることができます。

今すぐにタトゥーを消してしまいたい。そう考えると、居てもたってもいられなくなる気持ちはよくわかります。

ですが、ここで突っ走ってしまってはいけません。

技術力の低い医師や誠意の足りない医師による治療を受けてしまうと、治療が終了した時点で、タトゥーに悩まされていたとき以上に、辛い思いを味わうことにもなり兼ねません。

タトゥーを綺麗に除去したいと考えるのであれば、まずは焦らないことです。

まとめ

  • レーザー治療は医療行為であるため、医師免許を所得している有資格者が施術を行わなければならない。
  • レーザーは火傷を負う危険性を秘めている治療法であるため、有資格者の正しい判断によって行われる必要がある。
  • ひとつの治療法に固執している医師、カウンセリング後にいきなり治療を行おうとする医師も危険。

 

SNSでもご購読できます。