タトゥー(刺青・入れ墨)除去!切除手術はこんな人におすすめ

[最終更新日]2016/06/16

タトゥー 切除

タトゥー除去手術の方法は、レーザー、削皮、植皮、切除と大きく4つに分けられます。

その中から今回は、切除手術の特徴や手術内容についてお話ししたいと思います。

切除手術ってなに?

タトゥーを消す方法として筆頭に挙げられるのは、レーザーによる治療です。

ですが、レーザーで消すことのできるタトゥーには限界があり、カラフルな多色使いのタトゥーや、染料が皮膚の奥深くにまで入り込んでいる場合では、レーザーが反応せず、効果を実感することができない場合もあります。

というのは、レーザーは黒色や黒に近い青色に反応するというる性質を持ち、明るい色への反応は弱いからです。

このようにカラフルなタトゥーや染料が奥深くにまで入り込んでいるタトゥーを消すときに適用されるのが、切除手術です。

タトゥーの切除手術とは、タトゥー部分の皮膚をメスで切り取り、その周囲の皮膚を寄せて縫い合わせる手術で、タトゥーそのものをすべて消し去ってしまうことができるというメリットを持っています。

また、切除手術は広範囲に渡るタトゥーの治療には不向きで、ワンポイントなど、面積が狭くて比較的小さなタトゥーに対して適用されることが多くなっています。

切除手術で除去できるタトゥーの大きさとは?

切除手術を受けるに当たって、気になるのが1回の手術でどのくらいの大きさの切除が可能か?という部分なのではないかと思います。

実は、1回の切除手術でこれくらい…という明確な大きさは明確にすることができないというのが現状です。

というのは、切除手術は皮膚そのものを切り取る方法であり、切り取る場所によって、ある程度の大きさがあっても1回で切除することでできる場合もあれば、数回に分けて手術を行わなければならない場合もあるからです。

たとえば、腕など皮膚の伸縮が少ない部分では、皮膚同士を引きよせて縫い合わせるのが困難であるため、小さなタトゥーであったとしても、場合によっては数回に分けて手術を行わなければならないことがあります。

反対に、お腹などの皮膚が伸びやすい部分においては、1回で広範囲に渡る切除が可能となることもあります。この部分については、実際に医師の診断を受けてみないことにはわかりません。

まずはカウンセリングの段階で、医師から詳しい説明を受けてみましょう。

分割切除とは?

1回で切除することができない大きさのタトゥーであった場合には、数回に分けて手術を行う必要があり、これを分割切除と呼びます。

タトゥー 切除

たとえば、腕半分にタトゥーが入っているとしましょう。この場合では、かなり手術を行う範囲が広くなりますので、医師の判断によって1回当たり4~5㎝四方を目安に切除を行うと考えておくとよいでしょう。

部位によっては、1回でさらに広範囲に渡る切除が可能となることもあります。また、分割切除は短期間で行うことができず、3カ月~6カ月の期間を空けて、次回の手術を行うのが通例となっています。

広範囲に渡るタトゥーは一刻も早くなくしてしまいたいとお考えの方であっても、1回で切除することのできるタトゥーの範囲には限度があるということを知り、医師の指示に従って気長に治療を行いましょう。

また、万が一切除範囲が広すぎた場合では、皮膚のひき攣れやケロイドなど、のちのちのトラブルに発展してしまう可能性もあるということも知っておいて下さいね。

大き目のタトゥーに適した除去方法は?

分割切除では、広範囲に渡るタトゥーの切除が可能です。

ですが、時間的、経済的な問題を考えるのであれば、できる限り少ない回数で治療を終了させてしまいたいですよね?

そのようなときに適しているのが、削皮手術です。

削皮手術とは、専用のヤスリのような医療器具を用いて、タトゥー部分の皮膚を削っていくもので、広範囲に渡るタトゥー、染料の色素が皮膚の深い部分にまで入り込んでしまっているタトゥーなどの治療に適しています。

この治療法のメリットは、医師が目視で確認しながら、浅く削ったり深く削ったりと、調整が可能であるという点にあります。ですが、この手術は非常に難易度が高いと言われているため、経験の浅い医師が担当した場合では、傷跡が残ってしまうことがあります。

切除手術はもちろんですが、削皮手術を希望される場合でも、大きな手術であるということを頭に入れて、慎重に検討することをおススメします。

切除手術の方法

タトゥーの切除方法は、紡鐘(ぼうすい)形切除ジグザク切除があり、極力傷跡を残さないということを最重要視するのであれば、ジグザグ切除が適しています。

それでは、それぞれの方法を簡単にご紹介しておくことにします。

紡鐘形切除

タトゥー部分を中心に、紡鐘形に皮膚を切除する方法で、幅が狭いタトゥーの除去に向いています。

タトゥー 切除

この方法は最もシンプルな切除法ではありますが、幅の広いタトゥーに対して行われることは滅多にありません。

幅の広いタトゥーをこの方法で切除した場合には、手術後の傷跡が目立ち形で残ることがあります

ジグザク切除

タトゥーの図柄に沿って皮膚を切除して行く方法で、ジグザクに皮膚を切開するため、縫い合わせたあとの皮膚が引っ張られる方向が分散するため、ひき攣れなどのトラブルを起こしにくいと考えられています。

タトゥー 切除

ただし、この切除法は紡鐘形切除よりも難易度が高いと考えられているため、医師の技術力とセンスが問われる手術であるといえます。

切除手術で発生しやすい問題とは

切除手術を行う際には、切開部分の皮膚の端同士を引き寄せ縫い合わせますが、このときには、皮膚の面積に適度な余裕を持っておかなくてはなりません

縫合を行うときには、皮膚の端同士をグッと引き寄せますので、一見すると皮膚が伸びたように思えますが、実際には皮膚が伸びて広い面積を作りだすということではありません。

つまり、切除した幅が広いほど、縫い合わせた部分の皮膚がお互いに反対方向に引っ張られる力が大きく加わり、ケロイドなどのトラブルが起こる可能性が大きくなります。

そしてもうひとつ、切除後に”ドッグイヤー”と呼ばれる現象です。これは、紡鐘形切除後に見られる現象で、縫合部分の両端の皮が余ることによって起こり、皮が余った部分が盛り上がって凸凹とした状態になります。

タトゥー 切除

この現象が起こりやすいのは、女性のバストやヒップ、太ももなどであるといわれていますので、これらの部分のタトゥーの手術をお考えの方は、カウンセリング時に医師としっかりと相談を行い、ご自身の希望をきちんと伝えておきましょう。

手術を受ける際の注意点

まず、カウンセリングの段階で、紡鐘形切除とジグザグ切除の2種類の方法があるということを説明しない医師には切除手術を任せないことです。

それは、紡鐘形切除のほうが難易度が低く、短時間で終了させることができるという部分だけを考えて、切除手術を行おうとしている医師である可能性が高いからです。

つまり、収益本位で考えている可能性が高いということです。

本当に患者思いの医師であれば、2種類の方法、切除手術のリスクなどについても、時間をかけて丁寧に説明してくれるはずですので、説明がいい加減で手術を急がせるような医師は、この際除外視としましょう。

また、ご自身が切除手術を希望している場合であっても、さらに適切な方法の提案をしてくれる医師も存在していますので、まずは数件のクリニックでカウンセリングを受けてみて、治療方法や医師との相性を良く確認した上で、クリニックを決定するよう、注意を払ってみて下さいね。

SNSでもご購読できます。

新宿のタトゥー除去
おすすめランキングはこちら