自然なヘナタトゥーと言われてもアレルギーになる可能性大!

[最終更新日]2017/02/09

ヘナタトゥー アレルギー

痛い思いをせずに簡単に肌に好きな模様を描くことができるヘナタトゥー。

一般的なタトゥーとは違い、数週間で模様は薄れていくので「タトゥーを入れて後悔した…」という体験をしなくてすみます。

しかし、簡単で気軽にできるヘナタトゥーでもアレルギーを発症する危険があることは忘れてはいけません。

ヘナとは

まずは、「そもそもヘナというものがなんなのか?」という点から紹介していきます。

ヘナとはヘナタトゥーはもちろんですが、マニキュアやヘアカラーの染料として古くから使われている植物です。

ヘナは乾燥した土地に育つ3m程の常緑低木で、エジプトやインド、北アフリカといった場所でよく見かけることができ、白や薄いピンク色の花もつきます。

ヘナタトゥー アレルギー
ヘナの中にはローソンという物質が含まれているのですが、ローソンはタンパク質と反応して発色をする性質があります。そのため、たんぱく質を含む人の肌や髪の毛といった部分を染めることができるのです。

実際にお店などでヘナタトゥーをする場合はしっかりと粉末状にしたものを使いますが、ヘナが道端に生えているような場所では子ども達がヘナを使って絵をかいたりして遊ぶこともあるのです。

ヘナタトゥーとは

ヘナタトゥーは、上でも軽く紹介しましたが、ペースト状にしたヘナを使って肌に様々な美しい模様を描くもので、別名「メヘンディ(ヒンディー語)」とも呼ばれています。

ヘナタトゥーの特徴は?

ヘナタトゥーには、一般的なタトゥーとは違う大きな特徴があります。

それが次の2点です。

数週間で消える

一般的なタトゥーは一度肌に模様を入れてしまえば、その模様が一生消えることはありません。(消そうと思えば消せないこともありませんが、費用も時間もかかりますし、完全に消すことは難しいです。)

しかし、ヘナタトゥーは模様を描いてから一般的には2週間~1ヶ月程度で模様が薄れていき、最後には完全に消えてしまいます

せっかく肌に描いたきれいな模様が消えてしまうのはもったいないような気がしますが、自然に消えてしまうからこそ自分が好きなときに思い切って肌に模様を描くことができるのです。

ただし、ヘナタトゥーは好きなときに消せるわけではなく、あくまで時間の経過とともに自然に消えていくものだということは忘れないようにしましょう。

簡単に模様を描ける

タトゥーを綺麗に入れるには専用の道具と確かな技術が必要になります。そのため専門のお店に行って、高いお金を払って痛みに耐えながらタトゥーを入れてもらうことになります。

しかし、ヘナタトゥーを行なう場合には手に入りづらい専用の道具は必要になりません。誰でも手に入れられるもので、自分の好きなように模様を描くことができるのです。

もちろんきれいな模様を描くためには、それ相応の技術やテクニックは必要になりますが、間違って描いてしまった場合にはすぐにヘナをふき取ればいいだけなので、一生肌に色が残ってしまうタトゥーと比べれば、とても簡単なのです。

この簡単さからお店でプロにヘナタトゥーを入れてもらう人はもちろんですが、自宅で自分の肌にヘナタトゥーを施す人も少なくありません。

ヘナタトゥーの方法は?

自然に消える模様を簡単に肌に描けるヘナタトゥーは、次のような方法を使って肌を染めていきます。

ヘナタトゥー アレルギー

  1. ふるいにかけて粉を均一にしたヘナパウダーを水に溶かして、ヘナのペーストを作る。
  2. 販売されているコーン(自分で作る事もできます)にヘナのペーストを詰めて、コーンを絞りながら自分の好きな模様を肌に描いていく。
  3. 模様を描き終わったら、しっかりと乾燥させて肌に色を定着させる。

これはヘナタトゥーの方法をおおまかにまとめたものなので、実際にヘナタトゥーをする場合にはもっと細かいポイントなどがたくさんあります。

しかし方法自体はとてもシンプルなので、初心者の人でも気軽に取り組むことができるのです。

ヘナタトゥーのやり方についてはこちら

ヘナアレルギーとは

ヘナは染料として古くから使われており、肌にも優しいというイメージがみなさんの中にはあるかもしれません。

確かにヘナは植物由来のものとなっているので、他の化学染料と比べると肌への負担はグッと低くなります。

しかしそれでも実際にヘナを染料として使ったヘナタトゥーをして、肌に異常をきたしてしまうことがあるのです。

こういったヘナを使ったさいに起こるアレルギー症状は大きく分類すると次の2つのタイプに分けることができます。

化学染料によるもの

「ヘナ」と聞くと多くの人は、自然に生えているヘナだけを使ったものを想像するかもしれません。こういったヘナが100%使用されている混ざりけのないものを「ナチュラルヘナ」といいます。

一方でヘナタトゥーに用いられるヘナの中には、ジアミン系の化学染料を含んだ「ケミカルヘナ」と呼ばれるものも存在するのです。

化学染料をヘナに混ぜることで、肌を染めるスピードを早めたり、黒や茶といった色に肌を染めることができるようになります(ヘナは本来肌をオレンジ色にしか染められません。)。

しかしその反面化学染料が混ざったヘナを使ってしまうことで、ヘナそのものにはなんの問題がなくても、化学染料に反応してアレルギーを起こしてしまうことがあるのです。

「それならナチュラルヘナを使えばいい」という考えになるのですが、実は販売されているヘナの中には「ナチュラルヘナ」と謳っていながら化学染料が含まれている場合があり、本当の意味でのナチュラルヘナを見つけるのは簡単なことではないのです。

ブラックヘナには要注意!

ヘナそのものによるもの

ヘナを使ってアレルギー症状が出る場合、そのほとんどが化学染料などによるものだと考えらえています。

しかし稀に化学染料などが含まれていないナチュラルヘナを使用した場合でも、アレルギーの症状があらわれる場合があります。こういった場合は、ヘナそのものに肌が反応してアレルギー反応を起こしてしまっている可能性があります

このようにヘナを利用する場合にはどうしてもアレルギー症状が発生する危険性がつきまとい、肌のあかみやかぶれといった症状があらわれることがあります。

ヘナを利用することで発生するアレルギーのほとんどは、化学染料が含まれていないナチュラルヘナを使うことで回避できます

しかし上でも書いたように販売されているナチュラルヘナの中には、ケミカルヘナがまぎれこんでいることもあるのです。

素人がナチュラルヘナとケミカルヘナを見分けるのは、かなり難しいです。そのため、もし自分でヘナタトゥーを施す場合には、必ずパッチテストをするようにしましょう

ヘナタトゥーを施す人は、腕や足、自分の体の一部分をより美しく素敵にみせたいと思っていることでしょう。それなのに肌が腫れたりかぶれてしまったは意味がありませんよね。

人の目につく場所に施すのであれば、なおさらパッチテストは重要になります。

ヘナタトゥーは一般的なタトゥーとは違い時間が経てば消えていくため、気軽に自分の体に綺麗な模様を描くことができます。
しかしいくらヘナに「肌に優しい」というイメージがあったとしても、アレルギー症状が絶対に出ないとは言い切れません

それでもヘナタトゥーをしたいと考えるのであれば、信頼できるお店を探すか、自分で行うなら必ずパッチテストをするように心がけましょう。

まとめ

  • ヘナタトゥーは模様を描いてから一般的には2週間~1ヶ月程度で模様が薄れていき、最後には完全に消える。
  • ヘナタトゥーに用いられるヘナの中には、ジアミン系の化学染料を含んだ「ケミカルヘナ」と呼ばれるものも存在しており、化学染料に反応してアレルギーを起こしてしまうことがある。
  • 稀にヘナそのものに肌が反応してアレルギー反応を起こす場合もあるため、ヘナタトゥーをする前に必ずパッチテストを行うこと。

 

SNSでもご購読できます。

新宿のタトゥー除去
おすすめランキングはこちら