ケロイド?肥厚性瘢痕って消せるの?治療方法は?

[最終更新日]2016/10/07

肥厚性瘢痕 治療

皆さんは肥厚性瘢痕という言葉をご存知ですか。

これは肌の傷跡の1つで、ケロイドという言葉と一緒に説明されることが多いです。しかしそれが何なのか、治療法はどうしたらいいかまでちゃんと知っている人はあまり多くないでしょう。

今回はそんな肥厚性瘢痕の基本的な知識から治療法までご説明いたします。

肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)とは?

肥厚性瘢痕とは一体何か、まずはそこから説明していきます。

まず瘢痕ですが、これは切り傷なりやけどなり何かしらの傷跡の事を指しています。そして肥厚性というのは膨らんでいる、厚みがある、隆起している状態を指します。つまり肥厚性瘢痕というのは盛り上がっている状態の傷跡の総称となるわけです。傷の種類や大きさや色は関係なく、本来の肌の形よりも外に隆起している状態の傷跡は全て肥厚性瘢痕と呼ばれるのです。

傷跡だから大した問題はないのではと思われますが、これは傷跡が肥大化しているという問題を起こしているのです。症状が進むと痛みかゆみを伴うこともあるので、早めに治療を行うに越したことはないのです。

肥厚性瘢痕 治療

ではなぜ傷跡が肥大化して肥厚性瘢痕となるのかという話をすると、場合によってはケロイド体質というのが出てきます。ケロイドというのは肥厚性瘢痕よりもより痛みやかゆみを強く伴うこともあり、肥厚性瘢痕が元の傷より大きくならないのに反して、ケロイドはその周囲まで赤く腫れあがらせる事もあります。症状が似ている点や傷跡から発生する点など共通点が多いため、肥厚性瘢痕が悪化した状態をケロイドという時もありますが、そもそもケロイド化は人によって起こる起こらないの差があり、また同じ人によっても体の箇所によってはケロイドが発生しなかったりと未だにその線引きが曖昧な状態なのです。

ただ分かっている事として、ケロイドは体質的に起こりやすい起こりにくい人がいて、そのためケロイド体質という言葉が生まれたわけですが、その体質の場合は根本から治す必要があるためかなり難しいという点です。

ケロイドは人によって差がありますが、肥厚性瘢痕は誰にでも起こりうる傷跡です。そしてケロイドという厄介な症状もあるため、傷跡が隆起している、赤く腫れあがった状態などで中々収まらない場合には必ず病院で診てもらうようにしましょう。先ほども説明したようにより症状の悪いケロイドの可能性もあり、それは素人目にはまず区別がつかないからです。ちょっと赤く腫れているだけだと思って油断しないようにしましょう。

どんな治療法があるの?

さて肥厚性瘢痕にはよく似た悪い症状のケロイドもあるため、治療には細心の注意が必要かと思われるかもしれませんが、そこまで心配する必要はありません。肥厚性瘢痕とケロイドを同一視してしまう理由の1つとして、基本的にどちらも治療法が一緒という点があるからです。

では肥厚性瘢痕の治療方法を説明していきますが、主に5つの方法が挙げられます。圧迫固定方法ステロイドテープトラニラスト内服シリコンゲルシート軟膏療法の5つです。基本的に肥厚性を抑える事に重点を置いた治療法が一般的のようです。では具体的に1つずつ説明していきます。

クリニセル

まず圧迫固定方法というのは読んで字のごとく、患部を圧迫して固定する方法です。テーピングなどで傷口を固定する方法ですね。これにより肥厚性の原因となっている細胞の増殖を抑えるわけです。ステロイドテープはさらに炎症を抑える効果もあるため利用されやすいのです。シリコンゲルシートも圧迫固定方法に使う道具の1つです。

トラニラスト内服体の内側から肥厚性瘢痕を治療する方法で、こちらは瘢痕の増殖を抑えてくれます。軟膏ではステロイドが配合されている物もありますが、多くは痛みやかゆみを抑制する効果、また保湿効果に重点を置いています。

これらの治療法以外にも肥厚性瘢痕を治す治療法はありまして、例えば手術によって傷跡を切除する事もあり得ます。ただこちらは新しく手術跡という傷跡を作る事になりますので、肥厚性瘢痕ではあまり利用されていません。近年注目されているのはレーザー治療です。こちらは肥厚性瘢痕だけでなくその他の傷跡に対しても効果が期待できるという事もあって注目されているのです。

肥厚性瘢痕に対する治療法はいくつもありますので、場合によっては1つの治療法に限らず複数の治療法が効果的になる事もあります。なので治療を始める際にはまずは近くの外科皮膚科へ相談しに行くことをお勧めします。

費用や期間はどれくらいかかるの?

肥厚性瘢痕を実際に治療するとなったらやはり気になるのはその費用や期間ですよね。

まず期間ですが、これは治療法によって多少差はあれど2、3ヶ月以上は確実にかかると考えておいた方が良いでしょう。肥厚性瘢痕は皮下繊維組織が増殖して隆起してしまっている傷跡なので、まずはその増殖を止める、そして増殖してしまった部分を無くすという2つの行程が必要だからです。なので手術などで直接切除しない限りは、完全に消えるまでにかなりの時間を有する事を覚えておきましょう。

費用に関してはどの治療法を選ぶのかに依りますが、1番高いのはレーザー治療になります。形成外科での手術と違って自由診療になるため、保険に当てはまらない治療の可能性が高く、その場合は治療費も高くなってしまいます。

例えば日本橋レーザークリニックでは1回の治療で1万円かかる事もあります。3回以上が目安になっているので3万円以上はかかると考えておきましょう。

圧迫固定方法や軟膏の場合は貼り薬と塗り薬がメインになりますが、これらは数100円から数1000円程度で購入可能です。シリコンジェルシートなどは高いと5000円近くかかることもありますが、高いからと言って治りが早くなるわけではないので注意しましょう。病院でも市販でも購入可能ですので、1度ドラッグストアで価格を確認しておくと良いでしょう。

肥厚性瘢痕は治せる傷跡ですし、その治し方も自宅でできる物もあるのでそこまで厳しい症状が出る事もまずありません。ただしケロイド化という危険性も含まれていますので、自宅で治療をしても中々治らない、痛みやかゆみが悪化してきた時にはすぐに病院へ相談する事だけは忘れないようにしましょう。治療にはかなり長い期間を有しますので、根気が大事ですよ。

まとめ

  • 本来の肌の形よりも外に隆起している状態の傷跡は全て肥厚性瘢痕と呼ばれる。
  • 治療方法は、圧迫固定方法、ステロイドテープ、トラニラスト内服、シリコンゲルシート、軟膏療法、の5つ。
  • 自宅で治療をしても中々治らない、痛みやかゆみが悪化してきた時にはすぐに病院へ相談。

 

SNSでもご購読できます。

新宿のタトゥー除去
おすすめランキングはこちら