ピコレーザーによる刺青除去の内容とアフターケア

[最終更新日]2016/11/21

ピコレーザー 刺青

近年では、刺青除去のための革新的なレーザー治療として、ピコレーザーというものが注目されています。

ピコレーザーは特に肌に与えるダメージが少なく、綺麗に治るということで知られています。

実際のところはどうなのか、今回はピコレーザーやその種類、注意点などについて解説していきます。

ピコレーザーでの刺青除去内容

ピコレーザーの照射はピコ秒

ピコレーザーというのは、まさに時代の最先端の刺青除去レーザーとなっています。

比較されるのが、一般的に広く用いられているQスイッチレーザーです。

Qスイッチレーザーというのは、特にナノ秒という超短時間で照射できるレーザーで、そのために皮膚にかかる刺激もとても少ないということで画期的なものです。

特にレーザー治療の場合、照射時間というのが非常に大事になってきます。この時間が短ければ短いほど、皮膚にかかるダメージも少なくてすむので、綺麗に刺青を除去することができます。

そして、今あるレーザーのなかでも最も短い照射時間となっているのが、このピコレーザーです。

Qスイッチレーザーがナノ秒だとしたら、ピコレーザーはピコ秒です。

ナノよりもさらに短い時間の単位がピコ秒になっています。このピコ秒という瞬間的な照射を可能にしているのがピコレーザーです。

そのために、従来のレーザー治療に比べて、より深部の色素にも反応することができるようになっています

手彫りなどで深い所に侵食している色素も、ピコレーザーであれば除去できる可能性があります。

また、照射時間が圧倒的に少なく、それでいて施術回数も抑えることができるので、肌にかかる負担は最小限に抑えることができます。

あらゆる色素に対応

Qスイッチレーザーでは、黒、赤、緑といった色素にしか効果がありませんでした。

しかし、Qスイッチレーザーでは、他の青や黄など、いろいろな色素にも対応することができるようになっています。

そのため、黒、赤、緑以外の色素を除去したいという場合には、このピコレーザーが最適です。

小さい色素の粒子も分解することができる

ピコレーザーは、従来のレーザーに比べて、小さい色素も分解することができるようになっています。

Qスイッチレーザーでは、比較的に大きな色素しか分解することができず、そのために斑状に色素が残ってしまうということがありました。

しかし、ピコレーザーではそういった心配がありません。

それは微小な色素もまんべんなく分解していくことができるためです。

痛みが少ない

痛みというのは、レーザーの照射時間に大きく左右されます。

レーザー治療は、レーザーの熱によって色素を分解するという方法によってなされています。

そのため、その際に周囲の皮膚が熱によってやけどの症状を引き起こします。

このやけどというのは、現在の技術ではどうしようもないことです。

基本的にレーザー治療は麻酔なしで行われますから、皮膚を切削するような麻酔ありの手術に比べて、強い痛みを感じやすいという傾向があります。

しかし、ピコレーザーでは、それこそピコ秒というとても短い時間での照射になっていますから、やけどの程度もとても少なくてすみ、痛みの発生度合いも他のレーザーに比べて非常に少ないという特徴があります。

ピコレーザー機には種類があるの?

ピコレーザー機にも種類があります。

それぞれ特徴が変わってきますし、クリニックよって導入しているピコレーザー機は変わってきます。

この項目ではそういった代表的なピコレーザー機について解説していきます。

エンライトン

エンライトンは、ピコレーザー機のなかでも特に深層にある小さな粒子まで分解することができるものになっています。

まず、比較的に大きな粒子を分解して、その後、ある程度分解されて小さくなった粒子をさらに分解していくというような、2段構えの設計になっています。

これは、パルス幅と呼ばれるレーザーの照射時間を、2種類使い分けることができるためです。

エンライトンでは、2ナノ秒というパルス幅と、750ピコ秒というパルス幅の2つを選択して使用することができます。

基本的に、パルス幅は長いほうが、より大きな粒子に作用して、短いほうが小さい粒子を分解していくことができます。

ですので、まずは2ナノ秒で照射して大きな色素を分解して、その次に750ピコ秒で分解された小さな粒子を分解していくことができるわけです。

エンライトンはヤグレーザー
エンライトンは、ヤグレーザーという種類のレーザーとなっています。
ヤグレーザーは波長が長いという特徴があります。
波長が長いということは、そのぶん皮膚深くまでレーザーの熱や光が届くということです。

1064nmがヤグレーザーの波長となっています。
そのため、より深くにあるより小さな色素も、エンライトンであれば分解することができます。

ピコシュア

ピコシュアは、Qスイッチレーザーのように熱によってメラニン色素を分解するものと違って、主にピコレーザーの衝撃波によって色素を破壊していきます。

そのためにより小さく分解することができるようになっています。

ピコシュアはアレキサンドライトレーザー
ピコシュアは755nmのアレキサンドライトレーザーとなっています。
比較的に短い波長なので、浅い部分やいろいろな色素に対応することができます。
エンライトンでは青や緑の色素に弱いという声もありますが、ピコシュアでは青や緑の色素にもまんべんなく対応することができます。

ファンクショナル照射ができる
ピコシュアはファンクショナル照射というものが可能です。
付属のフォーカスを照射口に取り付けることによって、点状の照射が可能になります。

通常は、レーザーを使った肌のリジェネレーションというのは、肌表面に多数の穴を開けることによってなされます。
しかし、ピコシュアではそういった傷をつけることなくリジェネレーションすることができるファンクショナル照射というものを実現しています。

これによって、通常はレーザー治療後、数週間のダウンタイムを必要とするのですが、ファンクショナル照射ができるためにこのダウンタイムなくリジェネレーションを実施することができます。

刺青をした箇所というのは、針等による傷跡ができていて、色素が除去できていても、今度はその傷跡が目立ってしまうということがあります。しかし、ピコシュアによる治療であれば、こういった傷跡も一緒に治していくことができます。

アクションツー

アクションツーは、特に2,940nmという圧倒的な波長の長さが特徴のピコレーザー機です。
アクションツーは波長が長いので、他のピコレーザー機よりも深層にある色素にアタックしていくことができます。

エルビウムヤグレーザーとなっていて、幅広い色素に対応することができるのも魅力になっています。
水分に吸収されやすい波長となっているので、熱による周辺組織へのダメージが発生しにくいというのも、メリットになっています。

アクションツーの魅力とは?

  • やけどなどによる赤みや色素沈着が発生しにくいです。
  • また、かさぶたができないために、傷の治りも早く、綺麗に治ります。
  • 熱による影響を受ける範囲が小さいために、痛みを感じにくいという特徴もあります。
  • 手術後に絆創膏などを張って保護しなければならないダウンタイムが短いので、治療を継続しやすいです。

アフターケアや副作用・注意点

アフターケアについて

アフターケアとしては、乾燥しないように処方された軟膏を塗るくらいなので簡単です。

紫外線などの影響を受けないように、その上からテープで保護することもあります。

副作用について

ピコレーザーもレーザーである以上、やはり熱が発生します。

他のレーザーに比べて熱の発生量が少ないといわれていますが、やはり刺青の色素を破壊していくわけですから、それなりの熱が発生するのはやむをえません。

そして、この熱によってやけどが発生して、赤みや痛みが出ることがあります。

また、やけど跡のように残ってしまうこともありますし、水ぶくれが発生したという声もあります。

注意点について

治療回数
ピコレーザーは、従来のQスイッチレーザーに比べて、治療回数を少なくすることができると言われていたりします。
しかし、実際のところは必ずしもそうではありません。

個人の刺青の範囲や色、どれくらい深部に侵食しているかによって、最適な治療方法というのは変わってきます。
たとえば、黒単色の刺青であれば、ピコレーザーよりもQスイッチレーザーのほうがより治療回数は少なくてすむことが多いです。

料金
ピコレーザーは他のQスイッチレーザーなどの治療に比べて高いです。レーザ機自体のコストが5倍ほどするためです。
特に黒や赤、緑といった色素はQスイッチレーザーでも充分に対応できますから、料金面も考慮して、本当にピコレーザーが必要なのかを判断していくことが大事です。

まとめ

  • 従来のレーザー治療に比べて、より深部の色素にも反応することができる。
  • 黒、赤、緑以外の色素を除去したいという場合には、ピコレーザーが最適。
  • 他のQスイッチレーザーなどの治療に比べて費用は高め。

 

SNSでもご購読できます。