簡単!ヘナタトゥーをステンシルシートを使って描くやり方

[最終更新日]2017/02/09

ヘナタトゥー  ステンシル

短期間で消えるので手軽に楽しめると話題のヘナタトゥー。

普通のタトゥーとは違い肌に優しくデメリットも少ないため試してみたいという方も多いと思います。

今回はそんなヘナタトゥーについての知識やおしゃれなデザインについてまとめてみました。

ヘナタトゥーとは?

ヘナタトゥーの「ヘナ」とは、パキスタン・インドなどの地域で栽培されているミソハギ科の植物のことを指します。

ヘナタトゥー ステンシル

栽培だけでなく自生していることもあるそうです。

ヘナは昔から髪や爪、肌などの染料として使用されていました。

このヘナを乾燥させて粉末にしたものを原料として使用し、肌に付着することで数週間色を保つ効果があります。

効果のある期間は1週間から3週間ほどで、付着したヘナタトゥーは時間とともに薄くなっていきます。

そのため「消えるタトゥー」として海外ではファッションの一部として使用されています。

日本でも手軽にチャレンジできるので今大注目なんです。

ヘナタトゥーのメリット

前項でご紹介した通り、ヘナタトゥーは本物のタトゥーではなく消えるタトゥーです。

何といってもヘナタトゥーの一番のメリットは数週間で綺麗に消えるということです。

肌をおしゃれに彩りたいけど、本物のタトゥーは一生消えないし、中々踏ん切りがつかないという方でも、ヘナタトゥーならお試しで手軽に入れることができます。

それだけでなく他にもたくさんのメリットがあります。

ヘナタトゥーは天然の植物の粉末を使用しているため肌にとっても優しく、安心して試すことができます。

さらに皮膚が薄い場所を保護する役割や、紫外線を予防する効果も期待できます。

体調面では女性の悩みである便秘・更年期障害・PMSなどを緩和する効果もあります。

ヘナタトゥー ステンシル
メリットいっぱい&リスクが少ない上に、おしゃれで可愛いヘナタトゥーをぜひ試してみましょう。

ヘナタトゥーはサロンで入れるの?それともセルフ?

ヘナタトゥーはサロンで入れてもセルフでも問題ありませんので、それぞれのメリットを考えて決めてみて下さいね。

サロンで入れる

最近はヘナタトゥー専門のサロンも増えてきました。特に東京や大阪など大きな都市ならたくさんのサロンから自分のお気に入りのサロンを見つけることができます。

サロンでヘナタトゥーを入れてもらう場合は、「仕上がりが綺麗にできる」「細かくて複雑なデザインに挑戦できる」というメリットがあります。サロンの方はプロですから、初めてでも丁寧にデザインのカウンセリングをしてくれます。

料金はサロンにもよりますが、5cm×5cmで1,000円~、手の甲全体に入れるなら3,000円~で受けることができます。

広範囲に入れる場合は高額になりますし、数週間で消えることを考えると少し値が張ってしまいます。

またサロンまで通ったり予約を取ったりと手間もかかります。

セルフで入れる

セルフで入れる場合は、好きな時に自分だけのオリジナルのデザインを入れることができます。

ヘナタトゥーの場合はセルフでも危険性はありませんし、仮に失敗してしまってもすぐ消えますので安心して入れることができます。

ステンシルを使えば不器用な方でも簡単に仕上げることができますので、まずはセルフから始めるのもおすすめです。

ヘナタトゥー  ステンシル

ヘナタトゥーの材料は通販などで手軽に1,000円~から購入でき、数回使用できるためいろいろなデザインを試したい方にもおすすめです。

セルフでのデメリットは、慣れるまで複雑なデザインが難しいという点です。何度か繰り返すうちに細かいデザインにも挑戦できるようになりますので練習してみてくださいね。

ヘナタトゥーのやり方(描き方)

ヘナタトゥーを描くときには、ヘナペーストステンシルシートを用意しましょう。

初めての方はヘナタトゥーキットを購入すれば必要なものがすべて入っています。

へナペーストの作り方はこちら

デザイン・入れる場所を決める

まずはステンシルの台紙から好きなデザインを決め、剥がします。

どこにヘナタトゥーを描きたいかも決めておきます。

ステンシルシートを肌に乗せる

ヘナタトゥーを描きたい場所の水分・油分をしっかりふき取った後にステンシルシートを肌に乗せ、しっかり密着させましょう。

このとき、肌に凹凸のある部分だとぴったり密着しないことがありますが、ステンシルの穴の部分だけが密着していれば大丈夫です。

ヘナを用意する

使用するヘナはあらかじめペースト状になっているものがおすすめです。

ヘナパウダーからペーストを作る場合は、水分が多くなりすぎないように注意しましょう。水分が多いとステンシルがふやけてしまいます。

最後にオイルを数滴入れることでペーストが滑らかになり出来上がりの美しさに加えて肌への密着度もアップします。

ヘナタトゥーを描く

いよいよステンシルにヘナを乗せていきます。

ヘナペーストの乗せ方はスプーンでステンシルの上に乗せてもOKですが、コーンを使う方法がおすすめです。シールが水分で歪まなくなるのでより綺麗に仕上がります。

コーンをつくる際は100均などにあるラッピング用のビニールつるっとした素材のフィルムを使いましょう。

15cm四方にカットしたフィルムを円錐型に巻いてテープで止めれば出来上がりです。

このとき、円柱の先端部分の穴をなるべく細くつくることで細かいデザインにも対応できるので、注意して作ってみて下さい。

乾くまで待つ

ヘナを乗せたら、完全に乾くまでとにかく触らないことが大切です。

ステンシルが肌から浮いてくることもありますが、ここで押し付けたりするとせっかくのデザインがぐちゃぐちゃになってしまいます。

乾いてからもなるべく長い時間放置しておくことで色がしっかり定着します。

ステンシルを剥がしてからも水で洗ったり擦ったりせず、ペーストが自然に落ちるのを待ちましょう。

2日くらい経つとヘナタトゥーの色がより濃くなりはっきりとしたデザインが浮かび上がります。

もし失敗したら

失敗しても焦らず修正すれば大丈夫です。

色が薄かったり、ペーストが流れ出してデザインが崩れてしまった場合は、その上からまたステンシルを貼り、毎日同じデザインを描きましょう。

失敗した部分が徐々に退色し、新しいデザインが綺麗に仕上がります。

ヘナの柄の意味とは

ヘナタトゥーは別名メヘンディと呼ばれ、ヘナタトゥーのデザインのことをメヘンディデザインといいます。

もともとメヘンディは南アジア・中東・アフリカで縁起物・幸せを導くものとして親しまれています。

メヘンディデザインには様々な種類があり、それぞれ意味を持っています。

蓮の花

蓮の花は、主に「女性の強さ・美しさの象徴」とされています。

ヘナタトゥーをする女性にとても人気のデザインですので初めて挑戦する方にもおすすめです。

また地域によっては、「毅然」「純潔」という意味を指す場合もあります。

クジャク

メヘンディでのクジャクは、「愛情と成功」の象徴とされています。

クジャクのオスは大きく美しい翼を広げ、メスを誘うことで有名です。

また地域によっては「富の象徴」とされる場合もあります。

曼荼羅

曼荼羅は「まんだら」と読み、仏の悟りの境地、世界観などを視覚的い表したものを指します。

シンボルや文字や神様などを用いて美しく複雑なデザインになっています。簡単に言いますとサークル型で色鮮やかに神の世界観を表したものです。

曼荼羅は「神の象徴」とされ古くから人々に慕われているデザインです。

ヘナタトゥーの注意点

通常のヘナタトゥーは肌に優しくトラブルも少ないですが、人によってはかぶれが出てしまうこともあります。植物アレルギーの方は十分に注意が必要です。

かぶれが出た場合は自己解決せず、必ず皮膚科に相談に行きましょう。

また、通常のヘナタトゥーと違いブラックヘナという化学物質と混ぜたヘナタトゥーも流出しています。ブラックヘナの場合は色が長持ちしやすいため気軽な気持ちで描く方も多いようですが、肌に良くないためおすすめはできません

ブラックヘナは要注意!

人によっては化学成分のせいで肌に色素が残りなかなか消えなくなってしまう方もいます。

1ヶ月たっても完全に消えない場合は必美容外科や皮膚科に相談に行きましょう。擦って消そうとすると余計肌に負担がかかり炎症が起きてしまうことがあります。

安全にヘナタトゥーを楽しむために、必ず天然素材のヘナペーストの使用を心がけましょう。

まとめ

  • ヘナタトゥーの一番のメリットは数週間で綺麗に消えるところ。皮膚が薄い場所を保護する役割や、紫外線を予防する効果も期待できる。
  • ステンシルシートを使えば不器用な人でも簡単に仕上げることができる。
  • 人によってはかぶれが出てしまうこともあるため、植物アレルギーの人は十分に注意が必要。使用の前には必ずパッチテストを行いましょう。

 

SNSでもご購読できます。