アートメイクでイモト眉やパンダ目?薄くしたいあなたに裏技公開

[最終更新日]2016/06/16

アートメイク 薄くしたい

朝の化粧時間を短縮したい!すっぴんの薄い顔が嫌い!など、理由はさまざまですが、その手軽さから、アートメイクをする女性が増えてきました。

それに伴い、失敗例も多くなり、失敗後の除去方法に関心を寄せる人も増えているのが現実です。

今回は、アートメイクを薄くしたい人のために、失敗の原因や自分で薄くする方法についてお話ししたいと思います。

アートメイク失敗の原因

海やプールでも化粧直しの必要がなく、また、毎日行うメイクの時短につながるなどという理由から、気軽にアートメイクを行う方がいます。ところが、アートメイクを行った方の中には、入れなければよかった…と後悔する方が少なからず存在しています。

それでは、アートメイクにはどのような失敗例があるのでしょうか?

まず、最も多いのが眉毛の失敗です。

アートメイク 薄くしたい

たとえば、眉毛部分にグレーのアートメイクを入れたとしましょう。そして、いつまでも入れたときの色をキープすることができればまだ問題はないのですが、アートメイクは皮膚のターンオーバーとともに徐々に変色し、グレーを入れたはずが、いつの間にか紫色に変色していたということは、実際によくあります。

そして、眉毛に濃い色素を入れ過ぎてしまった場合には、いかにも”アートメイクを入れました”というような不自然な仕上がりになってしまうこともあります。

そして、アイライン

この部分の失敗もとても多く、ラインが太すぎたり、滲んでパンダ目のようになってしまったりすることがあります。

アートメイク 薄くしたい

ではなぜ、このような失敗が起こってしまうのでしょうか?

まず第一に考えられるのは、無資格者による施術です。アートメイクは医療行為であるため、本来であれば有資格者でなければ行うことができません。ところが、法の目をくぐって運営されているサロンもあり、このようなサロンでは無資格者が施術を行うため、このような失敗が起こりやすいと考えることができます。

また、このようなサロンでは衛生管理がずさんで、感染症の危険も避けて通ることは難しいでしょう。そもそも、アートメイクは行わないのがいちばんですが、どうしても行いたいというのであれば、必ず医療機関で行わなくてはなりません。

ただし、医療機関であっても担当医師の腕次第では、失敗する可能性があるということも覚えておきましょう。

薄くする方法とは?

そもそも、アートメイクは医療機関で行うべきものであるため、除去する場合でも、医療機関で行う必要があります

該当する医療機関には、美容外科、美容皮膚科、形成外科などがあり、それらの医療機関では、レーザー治療によるアートメイク除去が行われます。

ただし、これにはリスクが伴い、まゆ毛やアイライン部分にレーザーを照射すると、その部分の脱毛が起こってしまう可能性があります。さらに、忘れてはならないのがヤケドの危険性です。

アートメイクはタトゥーの一種であるため、タトゥーと同様にレーザーで治療を行うことができますが、タトゥー除去であっても、レーザーがタトゥーの色素の吸収されてその部分が熱を持ちますので、ヤケドをします。そしてそれが、眉毛やアイラインのアートメイク除去でも起こるということです。

また、レーザーでのアートメイク除去もタトゥーと同様に、完全に消すことができないこともあります。

そしてもうひとつ、眉下切開という方法で眉毛のアートメイクを除去することもでき、この方法はおもに、退色してレーザーが反応しにくい場合に対して行われる治療法となっています。

除去する際の注意点

まず、しつこいようですが必ず医療機関で治療を受けて下さい。

たとえば、違法サロンなどで除去しようとすると、別の色のアートメイクを入れてごまかそうとすることが実際にあるようです。ですが、アートメイクを重ねて入れ続けていると、除去がさらに困難な状態になってしまいます。つまり、安易にサロンの口車に乗ってはいけないということです。

また、医療機関ではレーザー治療でアートメイク除去を行うことがほとんどですが、レーザー治療を受けたとしても、アートメイクが完全に消えるとは限らず、数回に渡ってレーザー治療を受けなければならないこともあります。

そして、その際に必要とする費用も馬鹿になりませんので、レーザー治療でのアートメイク除去をお考えなのであれば、ヤケドや傷跡のリスクとともに、完全に消えない可能性や費用の問題についても、きちんと確認しておく必要があります。

このように、入れるときは簡単でも除去するとなると大変なのがアートメイクで、これはタトゥーとなんら変わりありません。

また、アートメイクの効果は永続的なものではなく、およそ5年以内には、ほとんど目立たないレベルにまで退色するといわれていますので、メイクでごまかせるようであれば無理に治療を受けず、自然に退色するのを待つというのもひとつの方法です。

アートメイクの除去には時間も費用もかかる

たとえば、レーザーでアートメイクの除去をするとして、その費用はどれくらい必要になるのでしょうか?

これには医療機関によってばらつきか生じていますが、1㎝四方当たり、1個所10,000円前後に設定されていることが多いようです。ただし、これは医療機関によってまちまちですので、事前に確認しておく必要があります。

これが眉下切開になると、両側で約250,000円前後となりますので、かなり高額な費用を必要とすることがわかりますね。

次に、治療に必要とする期間についてのお話です。

レーザー治療でアートメイクの治療を行った場合には、治療後約10日~2週間前後で皮膚のヤケドが治ってきます

そして、それからさらに1週間程度の期間を空けて、2度目の治療を行うことになります。ここで治療が終了となった場合では、ヤケドが治って腫れが引けばそれで終了となりますが、さらに治療が必要となった場合では、数カ月間の治療期間が必要になることも考えられます。

また、眉下手術の場合では1回の手術で治療を行うことができるというメリットを持ってはいますが、約1週間後に抜糸行い、しばらく手術痕の腫れが続きます。また、人によっては長期間腫れた状態が続くこともあり、長い方では、約1カ月後にやっと腫れが引くということもあるようです。

身近にあるグッズで応急処置

特に眉毛のアートメイクで失敗してしまった場合では目立ちますので、一瞬で隠してしまいたいですよね?

その方法として最もお手軽なのは、コンシーラーで隠してしまうという方法です。また、一般的なコンシーラーでも対応することができますが、油分が多くカバー力が高いのは舞台メイク用のコンシーラーです。

たとえば、バレエ用品専門店などに足を運んでみると、レッスン着やシューズ、衣裳だけではなく、化粧品も数多く販売されているのがわかります。そしてその中には「ドーラン」や「眉潰し」と呼ばれる、油分が多めに配合されていて水や汗では落ちにくい化粧品もあります

また、通販でもタトゥーやアートメイクを一時的に隠すことのできる化粧品が販売されていますので、とりあえずの急場しのぎであれば、そのような化粧品を上手に利用してみると良いでしょう。

そして、厄介なのがアイラインのアートメイクですが、これは、まつ毛エクステでごまかすという方法があります。まつ毛エクステを行うと、まつ毛とまつ毛の隙間が埋まったように見えますので、アートメイクのごまかし対策としても使えます。

ただし、まつ毛エクステは太く入れたラインや、パンダ目のように滲んでしまったアートメイクに対しては、あまり有効な策ではありません。万が一アイラインのアートメイクに失敗して一時的に隠したいのであれば、やはり眉毛と同様に化粧品でごまかすしか方法はないでしょう。

SNSでもご購読できます。