大阪で帝王切開の手術跡・傷跡を消すのにおすすめクリニック5選

【1】大阪梅田中央クリニック

中央クリニック

大阪梅田中央クリニックの特徴・対応施術

大阪梅田中央クリニックでは、専門の医師と美容カウンセラーによるカウンセリングが受けられます。
医師の医療面における治療アドバイスと、美容カウンセラーの美観を大事にした治療アドバイスが融合することで、仕上がりにこだわった美しい切除法が行えるのです。

大阪梅田中央クリニックで行う主な帝王切開・傷跡除去治療

・切除法除去

大阪梅田中央クリニックの切除法は、縫い合わせた傷が目立たないよう、真皮・表皮共に丁寧に縫合します。だからこそ「切開したはずなのにほとんど目立たない!」と驚かれる患者さまが多いのです。
切除法除去と聞くと恐怖を感じてしまわれる方もおられるのですが、しっかりとご説明を聞いて頂くことでご納得、施術を受けて頂いています。
切除法除去は、たった1回の施術で、ほぼ目立たない状態にできる治療法です。

大阪梅田中央クリニックの口コミ・評判の調査結果

・主人が帝王切開の傷跡を触ってきます。悪気はないのだと思うのですが、それがものすごく気になり大阪梅田中央クリニックへ。「切除」するという判断には勇気が必要でしたが、仕上がりがとても綺麗だと聞き、決めました。

・ある日、ヒップハングのジーンズを履いたところ、Tシャツがちょっとめくれるだけで傷跡が見えてしまうことに気付いてビックリ。これではダメだ……と思い、治療を決意しました。このエピソード、美容カウンセラーさんに共感頂けたのが嬉しかったです。

費用

傷跡除去の料金

中央クリニックは施術費以外は不要です

  • 初診料
  • 再診料
  • キャンセル料
  • アフターケア
  • カウンセリング料

※一部対象外の院や施術もございます。詳細はお近くの中央クリニックまでお問合せください。

レーザー治療法

エルビウムヤグレーザー
1,000円
施術範囲:1mm
傷跡部分の皮膚表面を薄く削り、修正する治療法。
高崎院・福岡院の価格です。
フラクショナルレーザー
4,000円
施術範囲:1mm
皮膚の再生を促進させる治療方法。
札幌院の価格です。

再生治療

PRP治療
120,000円
施術回数:1回
自分の血液から抽出した高濃度のPRP(血小板血漿) を皮膚に注入する治療方法。
秋葉原院の価格です。
リジェネラ
100,000円
施術箇所:1ヶ所
摘出した自分の真皮組織に成長因子を加えたものを傷跡部分に注入する肌組織再生注射。
新宿院の価格です。

切除法・ケナコルト注射

切除法
5,000円
施術範囲:1mm
傷跡部分の皮膚を切除し、縫合することで傷跡を目立たなくする方法。
神戸院の価格です。
ケナコルト注射
10,000円
注射容量:0.1cc
ケロイドの盛り上がり部分を落ち着かせるための注射。
浜松院の価格です。

※すべて税抜の料金です。
※料金は施術院によって異なります。詳しくは各院へお問い合わせください。
※上記以外に関しましては、お近くの中央クリニックまでお問合せください。

>> 中央クリニックの公式サイトはこちら

住所:大阪府 大阪市北区 芝田1-5-12  備後屋ビル5F

【2】ドクターゴールドマンクリニック大阪院

ドクターゴールドマンクリニック大阪院の特徴・対応施術

ドクターゴールドマンクリニック大阪院の院長である高橋金男医師は、一般医療で10年、美容外科で20年という経歴を持っており、それぞれの分野から得た高度な医療経験を活かし、幅広い治療を可能にしています。
また、ドクターゴールドマンクリニック大阪院は、すべての治療が適正価格で受けられることをお約束しています。

ドクターゴールドマンクリニック大阪院で行う主な帝王切開・傷跡除去治療

・レーザー
・切除法

患者さまにより、メリットと感じる部分、デメリットと感じる部分は違ってきます。
どの治療を選ぶことがより理想形へと近づけるのか。
医師と患者さまが共に見極めを行い、適切な治療が受けられるクリニックです。

ドクターゴールドマンクリニック大阪院の口コミ・評判の調査結果

・カウンセリングでは、レーザーと切除法、両方のメリット・デメリットをしっかりと確認することができました。その上で、私は切除法を選択。自分には何が合っているのか、納得の上で選べることはいいことだと思います。

・カウンセリングには30分程の時間を割いて頂き、施術のこと、その後のケアのこと、どのような経過を辿るかなど、じっくりと聞くことができました。家族のアドバイスも得たかったので、その場では決めずに一旦帰宅。でも、一切イヤな顔はされませんでした。これはすごく好印象ですね。これから相談し、決めていきたいと思います。

住所:大阪府 大阪市北区 太融寺町5-13 東梅田パークビル6F

【3】医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院(クノクリニック)

医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院(クノクリニック)の特徴・対応施術

医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院では、オーダーメイド施術を行っています。
治療において大事なことは、見た目の美しさを約束するトータルデザイン。そしてそこに、予後予測をプラスすること。このふたつが合わさって初めて、「施術跡までも美しい治療」があるのだと考えています。

医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院(クノクリニック)で行う主な帝王切開・傷跡除去治療

・レーザー
・切除法

医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院は、医療事故件数「0」のクオリティを維持しています。
その為には、施術だけでなく、施術を支える器具や備品においても一切の妥協を許しません。
例えば、器具は合併症リスクの少なくなるタイプをチョイス。手術素材に関しても、少しでも安全性に疑問を感じた場合には使用しないなど、細心の注意を払い、万が一に備えているのです。

医療法人 美来会 Kunoクリニック梅田院(クノクリニック)の口コミ・評判の調査結果

・カウンセリングが完全予約制だったので、安心して伺うことができました。また、次の人を気にすることなく、疑問点はすべて質問をすることもできました。その上で、私にはレーザーが合っていると感じたため、選択。数回の通院が必要とのことですが、21:00まで診療されていると聞き、問題なく通えそうだと安心しています。

住所:大阪府 大阪市北区 梅田1-11-4-200  大阪駅前第四ビル2F33号

【4】湘南美容外科クリニック大阪梅田院

湘南美容外科クリニック大阪梅田院の特徴・対応施術

湘南美容外科クリニック大阪梅田院は、持てる技術を集結させ、患者さまの「生まれ変わりたい」という気持ちを支えていきたいと考えています。
その為に、どんな治療があるのか。
どういったことを重視しているのか。
気になることは無いのか。
……と、カウンセリングではたっぷりと時間をかけ、親身に気持ちに寄り添います。
そうすることで問題点が浮き彫りとなり、その人だけの治療の提案が可能となるのです。

湘南美容外科クリニック大阪梅田院で行う主な帝王切開・傷跡除去治療

・レーザー
・切除法

<レーザー>
帝王切開の傷跡が目立たなくなるまでには、治療のスタートから半年~1年の期間が必要です。
しかし、不安の少ない施術法であるメリットは大きいと思います。

<切除法>
治療には切除を伴いますので、やはり「怖い」と感じる方の多い方法です。
とはいえ麻酔を使用するため実際には痛みはなく、1回の施術で治療を完了できるメリットがあります。

湘南美容外科クリニック大阪梅田院の口コミ・評判の調査結果

・帝王切開の傷跡を見ないように……と、自分のカラダ自体を見ないようになってしまいました。でも、これは精神衛生上良くないことだと思いましたので治療を決意。1回で完了する切除法を選びました。全行程において大きな痛みはなく、術後まだわずかですが綺麗になっているのが分かるので満足しています。

住所:大阪府 大阪市北区 梅田1-9-20 大阪マルビル5F

【5】品川美容外科梅田院

品川美容外科梅田院の特徴・対応施術

品川美容外科梅田院は、リピーターが多いクリニックです。
それは、ドクターの技術力が高く、信頼できる治療をご提供しているから。
いつでも、どんな治療でも、安心してお任せできるからこそ、リピートという評価を得ているのです。

カウンセリングは、もちろん無料。
その丁寧さには高評を得ており、患者さまのお悩みを的確に汲み取り、治療に活かしています。

品川美容外科梅田院で行う主な帝王切開・傷跡除去治療

・レーザー
・切除術

品川美容外科梅田院で大事にしていることはただ一つ。
「本当に必要な治療を行う」ということ。
患者さまの希望に合わせ、必要だと思われる治療はもちろん行います。が、しかし、必要ないと感じる治療であれば、それはお断りすることもあるのです。

品川美容外科梅田院の口コミ・評判の調査結果

・私にとって一番のネックはお値段でした。が、品川美容外科梅田院は大手にも関わらず安価だなと感じたため、治療を決めました。相談の上、痛みの少ないレーザーに決めたものの、少し痛みを感じました。私が痛みに弱いせいかもしれません。そのことを正直にお伝えしたところ、次回からは麻酔を使用して頂くことになりました。これで安心です。

・リピーターですが、新しい治療のスタートということで、改めてカウンセリングが行われました。すごくしっかりとしているな、といった印象です。今回のカウンセリングも非常に親切で丁寧。満足の内容でした。

住所:大阪府 大阪市北区 梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F

帝王切開の傷跡は残りやすい

帝王切開の傷跡は以上のクリニックなどで治療できます。傷跡が気になる方は相談すると良いでしょう。

基本的に、帝王切開は傷跡が残りやすいと考えられています。ケースによっては、肥厚性瘢痕やケロイドと呼ばれる状態になり、かゆみ・痛み・ひきつれなどに悩まされることもあります。肥厚性瘢痕・ケロイドとは、手術跡が赤く盛り上がった状態になること。肥厚性瘢痕はもとの傷の範囲を超えて大きくなりませんが、ケロイドは基の傷の範囲を超えて大きくなります。また、ケロイドは自然に治ることが少ないと考えられています。

帝王切開の傷が跡になる理由は、傷が治る過程で傷を目立たせる要因が加わるから。具体的には、体質と物理的刺激により傷が目立ちやすくなると考えられています。体質として挙げられているのが、女性ホルモン・高血圧・遺伝です。物理刺激として挙げられているのが、伸展刺激・摩擦刺激などです。特に、皮膚を引っ張る伸展刺激は傷跡を目立たせる大きな要因といわれています。体質は管理できませんが、物理刺激は管理できます。傷跡を予防したい方は、物理刺激を減らす取り組みを行うと良いでしょう。

帝王切開の傷跡の治療法

帝王切開の傷跡はどのように治療するのでしょうか。クリニックで受けられる治療法を紹介します。

内服薬

アレルギーの治療に用いられているトラニストという成分が肥厚性瘢痕・ケロイドの治療にも用いられています。傷跡の増殖や痛み、かゆみなどを抑える働きを期待できます。保険が適用できる点も魅力です。注意点は、授乳中に服用する場合は授乳を避けなければいけなないこと。この点には十分な注意が必要です。

外用薬

炎症を抑える目的で外用薬を用いることもあります。ステロイド軟膏などいくつか有効と考えられている外用薬があります。ただし、外用薬だけで傷跡をきれいに治すことは難しいようです。

注射

ステロイドを傷跡に注射することもあります。赤みや盛り上がりを抑えることができます。ただし、効きすぎると傷跡が凹むリスクなどがあります。また、女性では生理不順を起こすこともあります。傷跡に注射するので痛みを伴いやすい点にも注意が必要です。注射を受けたい方は、中央クリニックで相談すると良いでしょう。帝王切開の傷跡にお勧めの治療法として、ケナコルト注射(ステロイド注射)が挙げられています。

圧迫療法

シリコンシートなどで傷跡を圧迫する治療です。傷跡に加わる刺激を減らす効果や傷痕の血流を低下させる効果などを期待できます。これらにより、傷跡の増殖を抑えられます。ただし、圧迫療法だけで劇的な効果を得ることは難しいとされています。他の治療法と併用が必要です。

レーザー治療

レーザーで皮膚に細かな穴をあけて再生を促すことで傷跡を目立ちにくくします。効果は、月に1回~2回程度の治療を何度か受けることで現れます。よって、すぐに傷跡を目立ちにくくすることはできません。また、傷跡を完全に消すこともできません。メリット・デメリットを理解してから受けることが重要です。

切除法

帝王切開の傷跡を切除して縫合する治療です。切除する面積が大きいと縫い合わせた皮膚に伸展刺激が加わりやすくなるので、どのような大きさの傷跡でも切除できるわけではありません。また、再発のリスクが付きまとうので、縫合は傷跡にならないように慎重に行います。術後は、傷跡になるリスクを管理するため、圧迫療法などを行います。再発のリスクを考えないといけないので、治療は信頼できるクリニックで受けるべきといえるでしょう。症例が豊富なクリニックや説明が丁寧なクリニックを選ぶとよいかもしれません。